塾や習い事と通信教育を上手に両立

通信教育

◆塾や習い事と通信教育を上手に両立

「学習塾に通っている」
「そろばんや水泳などの習い事をしている」

例えば、塾や各種習い事をしている子供でも通信教育を併用・両立してやっていくことはできるのでしょうか。

通信教育は基本的には「1日○○分」というように各通信教育が目安の時間を設定しています。どの教材も学習目安時間は10分~20分程度なのでそれほど無理をするような時間設定ではありません。

もちろんですが教材側が提示している学習時間はあくまで目安なので○○分取り組めば良いというのではなく、その日に取り組むべき単元を完了していくことが大切です。

そして通信教育は決して毎日取り組まなければいけないモノではなく、週4回程度に設定されている教材もあれば、自分の学習サイクルで週末にまとめて取り組むなどの方法をとっても良いと思います。


優先順位を考えよう

塾や習い事と通信教育のどちらを優先して取り組んでいくのかを考えてみましょう。

それぞれのメリットもありデメリットもあります。ですのでどちらが良いというのは一概には言えません。子供の目標や学習の目的に合わせて優先順位を考えてみましょう。

全体的なことはもちろんですが、例えば英語をしっかりと塾で学んで、算数はある程度理解できるので自宅で演習問題を解きたいなど、教科ごとの優先順位を考えても良いと思います。


学習計画をたてよう

塾や習い事の曜日・時間から通信教育に取り組める時間がしっかりと確保することができるのか考えてみましょう。

自宅で習慣的に通信教育に向き合うことが大切だと思いますので、ある程度余裕を持った学習時間を無理なく作れることができれば、学校の授業だけでなく塾や習い事との相乗効果も期待できるでしょう。

計画はあくまで計画ですので予定通りにはいかないことのほうが多いでしょう。その為ゆとりを持った計画を立てていきましょう。


やるからには両方ちゃんと取り組もう!

学習塾と通信教育は学習へのアプローチや勉強の進め方も違ってきます。

どちらのほうがより子供にとって用学習ができるのかはやってみないと分かりませんが、まずはちゃんと両立させていくことで多角的な学習ができるようになるのではないかと思います。



個人的には塾や習い事と通信教育の併用は十分可能であると思います。

大きな問題は時間的な制約ではないでしょうか。
この部分をしっかりと計画性を持って取り組んでいけばより良い学習ができると思います。

サブコンテンツ

ブログカテゴリー

人気ランキング


体験談募集


とれまがブログランキング


このページの先頭へ